日本のグランドツーリングセダン【LEXUS GS】

皆さん、こんばんは。papakeiです。

本日はLEXUS GSについてお話ししようと思う。

LEXUS GSは名の由来はグランドツーリングセダンの略である。
LEXUS導入当初より、中核の存在である。
同時にLEXUSのブランドを築いてきた大きな偉業を成し遂げた車でもある。

現行モデルのGSは国内LEXUSで言うと2代目後期となる。
(北米LEXUSでいうと4代目)

搭載するエンジンは4種類とLEXUS最大のバリエーションを用意している。
エンジンは2.0Lターボの200t、2.5LHVの300h、3.5Lの350、3.5LHVの450hとなる。

それぞれのエンジンは熟成された非常に品質の高いものとなり、日本を代表するプレミアムブランドの名に恥じない出来栄え度ある。

LEXUSの主要エンジンの全てを選択できる事となり、GS以外でこの悩みを持つ事はできない。

LEXUSの中でモデルチェンジが1番早く訪れるのはGSである。
1番早いと言う事は、同時に新しいデザインコンセプトが導入される意味を持つ。

実際にLEXUS第2世代と言われるスピンドルグリルはGSが初導入車種となった。

欧州車も激戦区と言われるEセグメントと言う事も有ってか、モデルチェンジする度に斬新さを感じる先進的なデザインを投入している。

3FE5B2C9-0641-419F-A266-DB795474F04A.jpg

実際に現行モデルはLポジションを分離させたヘッドライトとスピンドルグリルを組み合わせ、最新デザインを取り入れている。

インテリアも第2世代デザインの初導入となり、水平基調に伸びやかなインパネ周りやレクサスには欠かせない装備となったアナログクロックもGSから採用された物である。

シートも18way調整式パワーシートが用意される等、多くの日本ならではのおもてなしが存在する。

その他にもLSS+が全車標準装備となり、安全装備にも抜かりがない。


次期型の開発が凍結した噂が聞こえてくるが、是非とも次期型も発売される事を願いたい。

LEXUSの切り込み隊長はGSにしか務まらないポジションである。

この記事へのコメント

スポンサード リンク