イギリスから来た刺客【ランドローバー レンジローバーイヴォーク】

皆さん、こんばんは。papakeiです。

本日はランドローバー レンジローバーイヴォークについてお話ししようと思う。

ランドローバーの中でレンジローバーの名が付く車は最低でも1000万円以上の高級シリーズであった。
しかし、このイヴォークにもレンジローバーの名が与えられた。

当初は何故?という声が多く聞こえて来たが、最近はそんな声も少なくなった。
このイヴォークはモデルライフ終盤となり、かなり熟成されている証なのかもしれない。


国内でイヴォークは2012年より発売されている。
LRXというコンセプトモデルが市販化されたと言って間違いとされる。

搭載するエンジンは2.0Lターボのみとなり、グレードによって出力が異なる。
当初は6速ATであったが、2014年より全車9速ATへと変更されている。

この9速ATへの多段化により、イヴォーク本来の性能が引き出された形となった。
多段化による燃費向上等は勿論のことだが、搭載される2.0Lターボエンジンの1番美味しいとされる高回転域を維持出来るようになったからである。

海外ではディーゼルモデル、MTモデルもラインナップされており、国内導入も待ち遠しい。


エクステリアはレンジローバースポーツが小さくなったという第一印象である。
各部樹脂パーツやリヤデザインの差別化等、450万円〜という価格設定も伺える。
しかし、このセグメントのSUVでは群を抜いてデザインが優れている。
レンジローバー独特の世界観はサイズダウンしてもしっかり演出されており、このデザインを手に入れる為にイヴォークを求めるオーナーも少なくないはずだ。

インテリアもレンジローバーシリーズのデザインを踏襲している。価格設定の割には上質なイメージを強く受けた。なんと言っても注目すべき点はシフトコマンダーである。遊び心がある中にしっかりと上質さを演出する辺りがなんともイギリスらしい。

エクステリア、インテリア、走行性能どれを取っても国産モデルには無い魅力を感じる車である。

このセグメントのSUV合戦が加熱するきっかけとなったのはイヴォークの導入が関連しており、イギリスから現れた刺客である。

そろそろモデルチェンジの時期を迎えそうだが、次期モデルでも国産市場を荒らしに来る予感がする。

イギリスからの刺客が来るのを楽しみに待ちたいと思う。

この記事へのコメント